愛人契約について

地方に出張して暇なとき、私はよく出会い系サイトで遊び相手を探して暇つぶしをしていました。

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

愛人契約

地方に出張して暇なとき、私はよく出会い系サイトで遊び相手を探して暇つぶしをしていました。
一緒にお酒を飲みに行くだけのこともあれば、そのままラブホテルでセックスすることもあります。
それは正直、その時のテンションとか、相手との相性で決めます。
Aさんはある地方都市に行ったときに出会った男性でした。
身なりのいい50代の人で、いつも私が遊び相手と行くような安い居酒屋でなく、もっと上品なワインバーに連れて行ってくれました。
一緒に飲んでいて楽しいし、このままラブホテルに行く流れかなと思ったけど、どういうわけか「もう遅いから」とそのまま宿泊先のホテルへタクシーで送ってくれました。
そのときの紳士的な彼の態度が忘れられず、2か月後にまたその地方都市に行く機会ができたときに、私から連絡しました。
一緒にお酒を飲んで、そのときは私からねだるような形で関係を持ちました。
おじさんなのにタフで、私はふらふらにされてしまいました(笑)
終わってからAさんにお小遣いだからと2万円をもらいました。
愛人契約

そこから3カ月たって、今度はAさんから連絡がありました。
私の住む都内の某区へ転勤が決まり、単身赴任することになったというのです。
それから私とAさんは1カ月に2回くらい会ってセックスする関係になりました。
食事だけの日もあるけど、私が彼のテクに参ってしまって、いけるときは必ずラブホテルに行くようにねだりました。
そのうち、Aさんのほうから愛人契約を持ちかけられました。
「ちゃんとした形で支えてあげたいから」と言うのです。
私は嬉しくて、すぐにその申し出を受けて、愛人契約を結びました。
今ではAさんとほぼ同棲しているような状態です。
Aさんが手料理を食べたいと言うので、毎日作りに行っているうちに、そのまま居ついてしまったような形です(笑)
毎月お手当てをいただいているけど、それよりも今の穏やかな生活がずっと続けばいいなと思ってしまいます。
後援者
契約金
  1. 2016/2/14(日) 16:6:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる
MORK